陰陽屋へようこそ@柳の庭

b0218915_339120.jpg
思い入れを持って録画視聴していたドラマ 陰陽屋へようこそ が火曜日に最終回を迎えました。
東京都北区王子周辺がドラマの舞台で、王子稲荷神社が出てきたり。
で、杉良太郎の店「狐火」と「陰陽屋」があったのがここ。
我輩が2回撮影を見学していた場所ですね。一応、放送終了まで寝かしてました。
b0218915_3391346.jpg
10月の中旬、文京区根津2丁目の路地にある「柳の庭」にオーナーである H口女史を訪ねたトコから始まります。我輩が前の路地を通る時に、タイミングが悪いのかいつも会えず状況だったんですが、あっさりこの時は居ましてね。二年ぶりかそれ以上か上がり込んでくっちゃべりました。
その時に「ビッグニュース」といって教えてもらったのが「ここがドラマのロケ地になってる」こと。
凄ぇなあと思いながらも聞いていたら「撮影見にきたらどーだ」と。
んで、翌週の水曜日早朝から根津の路地に行ったわけで。
H口女史がスタッフに告げろと言ったのが共同TVのT島さんでありましたよ。
早朝ごったがえす撮影現場でその名前を呪文のように唱えたらこんなことになりました。
この日は第四話の冒頭シーン。
祥明(錦戸亮)と瞬太(知念侑李)との呪術本を話題にしたカラミに槙原(駿河太郎)が登場するところ。
翌週の放送ではホンの1分ちょっとのシーンでしたが、3時間近く撮影してました。
居酒屋「狐火」はギャラリーの掃出し窓に大道具でそのまんま居酒屋の入口をはめ込み、
陰陽屋のイタリアンな入口は H口女史宅の裏口にやっぱ大道具で「らしい」造りを施してます。
撮影が終了した後、大道具を取り外した「柳の庭」にあがってT島さんに業界話を聞かせてもらいました。
いやあ、いい経験したなと。こんなことはもうないぞと‥‥。
b0218915_339266.jpg
三週間後の水曜日の夜。
次女との食事会が翌日に延び、時間が余っちゃったので根津のBARに行くべく行ったらこんな状況。
b0218915_3393523.jpg
事前の情報もないのにまた撮影やってまして。
さすがに行けないでしょ。
ノコノコ顔を出したら「この間の奴、調子に乗ってまた来たよ」って。
我輩、最大のピンチであります。
まあ、色々あって結局この撮影をまたしても間近で見てしまったわけで。
b0218915_3394920.jpg
この日は第7話のラストシーン。
山田清志(永井大)が祥明(錦戸亮)と路子(倉科カナ)の微妙な関係を口にするシーン。
監督とも何度か目が合い「あなた‥‥ちょっとこの台詞読んでみてくれるかな?」などと言われたらどーしようと緊張しまくった2時間でありました。確実に倉科カナさんと会話した夜でありました。
b0218915_3395920.jpg



by anton_anton | 2013-12-19 03:40 | 録画してTVを見る | Comments(0)