Anton日々精進4

カテゴリ:続450円のパラダイス( 33 )


温泉で休日を過ごす

b0218915_15105050.jpg

b0218915_15105630.jpg

b0218915_151118.jpg

b0218915_1511656.jpg




by anton_anton | 2016-07-13 15:11 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

寿湯だより 7月号

我輩の行きつけの銭湯のひとつ東上野寿湯がまた進化してくれました。
b0218915_0281987.jpg
今回の寿湯壁新聞の寿湯だよりにも書いてありますが、開店時間が早くなりました。
今まで昼の12時から夜中の1時半までの営業時間でしたが、今月から11時開店に。
これねえ、大変助かるのですよ。だいたい一般の銭湯って15時前後の開店ですよね。
そうすると休みにお風呂に行こう!と思ってもその日の旅の終わりに入る形になる。
なんか中途半端なんですよ・・・
それが11時から開店するとなると、少しゆっくり起きて銭湯スタートの一日が可能。
これいいですね。しかし進化しますな、寿湯。
あとは大きめ露天風呂を「高濃度炭酸泉」にしてくれれば一生ついて行きたくなります。
b0218915_0445135.jpg
今月17日(日曜日)は天然ハーブ湯のイベントがあります。



by anton_anton | 2016-07-12 00:46 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

温泉でうたた寝@さやの湯処

油断をすると長居しそうになるお店を後にし、バスに乗りましたよ。
ええ、目的は板橋区は前野町の温泉であります。
b0218915_0251391.jpg
ここの評価が高いのは(あくまでも我輩的にですよ)幾つかありますが。
 ①露天風呂に「源泉浴槽」があり、これが源泉掛け流しである(冬の加温あり)。
 ②岩盤浴がリーズナブルで、回数などの制限がない。
 ③露天の奥に蒸し風呂があるが、塩壺が置かれ塩サウナ状態になっている。
 ④内湯、露天風呂のバリエーションが多い。
b0218915_0252056.jpg
そして今回の目的に当てはめると②に関連するんですが
 ⑤岩盤浴を申し込むと「春の間」という仮眠処を利用出来る。
これが我輩にとって一番のお気に入りポイントであります。
低反発マットに寝転ぶとうたた寝するまであっという間。
サウナや温泉浴って結構体力を消耗するんですが、ここのおかげで休養になり得ます。
b0218915_0252823.jpg
じっくり長時間いると喉も渇きますし、水分だけでなくアルコールも摂りたくなりますが、グッと堪えます。この庭を眺めながら一杯やるのもいいんでしょうが、ここは敢えて我慢しておきます。
b0218915_0253645.jpg
前野原温泉 さやの湯処
板橋区前野町3-41-1 03.5916.3826 基本的に無休(新着情報のページで確認)
営業時間 10:00 - 25:00(最終入館受付は24:00まで) 柿天舎(食事処)は10:30から
b0218915_025435.jpg




by anton_anton | 2016-02-10 00:32 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

北風と露天風呂

b0218915_16545026.jpg
まあ朝決定したんですが、OFF初日は「癒し」目的にしました。
温泉ですね。
朝一番の歌舞伎町とか前野町「さや」とか当然考えましたよ。
ただ本日は20日・・・おぉ、男女入替えの日じゃないですか! 西新井ですよ、ええ。
b0218915_1655094.jpg
西新井駅そばにあるTHE SPA 西新井 大師の湯にはバスを利用して行きます。環七の眺めですよ。
b0218915_17182089.jpg

本日はSPA内で撮影を全くしていないので、かつての記事をリンクします。
通常は女性が利用するエリアです→2011年の記事

ここは女性用の方が充実してるんですよ。
露天風呂には岩風呂の他に壺湯が3つ。
サウナに至っては男風呂には1つしかないのにこっちは3つあります。
(ドライサウナ・ミストサウナ・塩サウナ)
1時間ぐらいサウナとかシルキーバスなど適当に温まってから部屋着を着て上の階へ。
リラクゼーションサロン【李楽】のボディケア60分コースを自分に奢っちゃいます。
女性で元アスリートの施術士の方の予約が取れて・・・充実の60分でありました。
力が強いのと以前「後十字靭帯」を断裂した時に適切なアドバイスをしてくれた女史。
今回も我輩の足の不調のトコを重点的に施術してくれまして、これはリピーターになりますわな。

施術後はフラフラです。いきなり温泉に戻るより休息したほうがいいと言われちゃので、少し昼寝。
その後、温泉再開しましたが寒かったですねえ・・・北風が半端なく冷たかったなあ。
露天風呂に浸かっていても顔が冷たくなるほど。温めの壺湯だと効き目がないくらいでしたよ。



by anton_anton | 2016-01-20 17:24 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

歌舞伎町で温泉に浸かる

b0218915_19495051.jpg
今、巷で話題の新宿歌舞伎町テルマー湯に行ってまいりやした。
この夏にオープンしたばかりの温泉施設らしいです。
新宿歌舞伎町なんてトコはここ数十年縁がないところですがね。
b0218915_1455527.jpg
通常料金は2850yenと我輩基準では高すぎる。
ちなみに都内一番のお気に入りの板橋さやの湯処は830yenです。
それでも行こうと思ったのは
 ・普段行かないトコだし、歌舞伎町で温泉というのは確かに珍しい。
 ・11/30まではキャンペーンで2200yenになる。
 ・無料の会員登録をするとメンバー料金でそこから200yen引き。
 ・さらに「HPを見た」と言い合言葉「朝風呂始めました」というとさらに200yen引き。
まあ2850yenが1800yenになるならいいか!という判断でありました。
開館時間ピッタシに入館。ついでだから試しにヒーリングテラ(岩盤浴)も追加です。
b0218915_19495729.jpg
まだオープン間もないってことで館内はピカピカ。
浴室は広く設備としては充実してます。
一応ここは温泉施設ですが、温泉を掘ってかけ流しにしているのではないです。
中伊豆温泉「神代の湯」より天然温泉を毎日運搬して提供。
それを加温・加水(循環ろ過消毒)して上質な泉質を保っいるとのこと。
そうはいっても温泉だし・・・と割り切れば別にいいかなって感じ。
その温泉は露天風呂と露天寝転び湯に使用されています。(無色透明)
b0218915_1950214.jpg
内湯は全て白湯(しらゆ)です。
ジェットバス系は十分な吹き出し加減であります。
内湯のウリは広い浴槽の「高濃度炭酸浴槽」でしょうね。
b0218915_195069.jpg
ジェット系は寝湯とかなり強めのジェット浴槽。
寝湯は枕になるステンレスパイプはキンキンに冷えていまして合格です。
隣接する水風呂・・・我輩基準は Under22℃ですが、ここはUnder20℃でした。
あとは大浴槽、一部はシルク風呂になってました。全体的に広くいい感じでまとまってます。
b0218915_19501110.jpg
前述通り、露天は運ばれた温泉。
表紙画像がその温泉大浴槽・・・傍らにタイル画ではありますが見事な富士山。
もうひとつの温泉はこの寝ころび湯ですよ。寝ころぶと身体の半分が確実に温泉に浸かります。
深さ的にはさやの湯処よりちょこっと深い。
降雨下で寝ころぶとやっぱ寒いかな・・・これからの季節はサウナ後にちょうどいいかも。
b0218915_1950169.jpg
今回は11時から15時前までたっぷり滞在いたしました。
ヒーリングテラを追加したんで時間かかりましたね。昼寝もしたし。
これは岩塩ベースの岩盤浴で48℃設定なんで結構長い時間可能ですな。
壁に効果的な岩盤浴のマニュアルが貼られておりました。
仰向け15分・うつ伏せ5分・仰向け15分がワンセットだったかな。
フェイスタオル、バスタオル、岩盤浴用の床敷きタオル、昼寝用のタオルブランケットと各場所にたらふくおいてあります。
b0218915_19502182.jpg
最後にアメニティについて報告しておきますよ。
浴室には「シャンプー」「ヘアコンディショナー」「ボディシャンプー」
「フェイシャルシャンプー」「シェービングフォーム」「二枚歯の剃刀」
「歯ブラシ」「あかすりナイロンタオル」が完備されています。
タオルは使い放題なので、完全に手ぶらでバッチリです。
b0218915_19503024.jpg
位置関係はMap参照。
花園神社のゴールデン街側にありますよ。
b0218915_147172.jpg



b0218915_19505033.jpg
テルマー湯

 新宿区歌舞伎町1-1-2

 03.5285.1726

 無休
 但し、点検整備などで休館あり

 営業時間
 AM11:00 - 翌AM9:00
 (露天風呂は翌8:00まで)

 ※朝風呂
 AM6:00 - AM9:00
 1296円



えー、実は翌日・・・またココに行っちゃいました。
合言葉の「朝風呂始めました」通りなんですけど、朝風呂やってるんですね。
寝る前に4時頃目が覚めたら行っちゃおうと計画。そういう時は必ず目が覚めます。
朝風呂は6時からなので新宿に5時40分ごろの到着。まだ夜ですよ夜。
ゴールデン街を歩きまくってみましたが、まだ呑んでる人が少なくない。
6時に入場し9時ぎりぎりまでおりました。露天風呂は8時から掃除のため閉鎖。
サウナ入って、温泉に浸かり休憩室で「あさチャン」見て・・・朝からヘトヘトでした。
b0218915_1575840.jpg




by anton_anton | 2015-11-26 19:51 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

早朝黒湯@鷗外荘

イソップ橋から右に大きく曲がるカーブを過ぎると前方に二つ目の目的地が見えてきます。
b0218915_6432068.jpg
水月ホテル 鷗外荘
b0218915_6472356.jpg
黒湯の温泉旅館で、朝6時からは立寄り湯可能でありますよ。
どうせならということでフライング気味にフロントで受付してもらい、6時には黒湯につかります。
b0218915_6472992.jpg
浴室は福の湯(天然大理石浴槽)と檜の湯(古代檜漆浴槽)。
日替わりで男湯、女湯入れ替わりです。
だから宿泊した場合、夜と翌朝に違うお風呂に入れるってことですね。
今回我輩が入ったのは檜の湯の方。6時40分ぐらいまで宿泊客でごった返します。
ちなみに昨年は福の湯、一昨年も福の湯、その前が檜の湯ですから3年ぶりですね。
b0218915_6473492.jpg
b0218915_6474051.jpg
鷗外荘の黒湯は重炭酸ソーダ泉です。
浅草の蛇骨湯と同じですが烏龍茶っぽい色の蛇骨湯と比較してここの湯はコーラぐらいの濃さ。
温度は多分41〜42℃ぐらいですね・・・長い時間つかってられる程度の湯温。
我輩、通常起床するのはだいたい6時50分ぐらい。
本日はひと旅終えて黒湯にどっぷりつかっている。眠いが充実している気になります。
b0218915_6474668.jpg
風呂上がり(真夏なんで冷水シャワーで身体の芯まで冷やしてから)に鷗外旧居と庭を眺めます。
b0218915_6475299.jpg
例年ですと旅館内の「沙羅の木」というレストランで旅館朝食をいただくのですが、今回はパス。
久々に訪れたいトコがあるもんですから。
b0218915_64757100.jpg
鷗外荘を出てさらに根津方面に進みます。
次の目的地到着は7時半を目指します。早朝旅のゴールですよー。


b0218915_6502028.jpg
ちなみに・・・

近くには超有名な銭湯があります。
「黒湯」の温泉銭湯です。
銭湯ですから料金は460yen。
温泉の質は鷗外荘と同様。
『やせ我慢』という言葉が
とっても似合う名銭湯であります。

六龍鉱泉2007年
六龍鉱泉2009年
名湯ですよお。
暫く行ってないですが。



by anton_anton | 2015-07-30 07:41 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

百観音温泉@東鷲宮

本当は日帰りで日光でも行こうかなと考えていたんですよ。
朝一番、東武電車の快速に乗って一杯呑みながら日光に行く。
帰りに温泉でも入って、下今市のカフェにでも行くか、と本気で考えていたんですよ。
で、4時半に起きたんですけど外は勢いのある雨であります→即日光断念。
目標が消滅しまして、でもこんな時間に起きちゃってるし・・・
で、さいたまエリアの人気の日帰り温泉・日帰り入浴ランキング
を検索してみました。
b0218915_7553988.jpg
ランキング1位のこの温泉施設はJR宇都宮線「東鷲宮」駅近くにあるようです。
ここに決めたのは温泉の質なども期待できましたが、朝8時から入れるということ。
遠いのでそろそろ出かけないと一番風呂に入れないぞという余裕のなさが決め手でした。
b0218915_7554839.jpg
b0218915_8563976.jpg
自噴している温泉の温度は57℃と高く、湯量も豊富という特徴があります。
内湯、露天ともに温泉でなんとなく「濃い」って感じでした。
b0218915_7555494.jpg
b0218915_75616.jpg
ただこの日は雨でありますよ。
それも時間によっては土砂降りの勢いでした。
雨に打たれての露天風呂もまあまあオツなものですが、寝ころび湯だけはNG。
b0218915_75686.jpg
 ↓ 内湯と露天風呂の中間地点には3つのお風呂があります。
なかでも「立ち湯」という湯槽は湯温が46.7℃。
入れる温度ですが、やはり46℃オーバーの湯は熱いです。
熱い湯は体の先端部分がシビれてきます。つかっているのは可能ですがね。
一番のクライマックスは出る時、体感温度が一気に上昇します。
上野池之端の六龍鉱泉なんぞは47℃オーバーですから出る時は思わず足踏みです。
b0218915_10183528.jpg
さてこれは高濃度炭酸泉。ラムネの湯なんて呼ばせている施設もありますね。
温めの湯に入ると身体中に炭酸の泡がくっついて・・・なにしろ血圧を下げる効能があるよーです。
ここはベースが温泉ですから効果が倍増するような気になります。
b0218915_7562451.jpg
施設としてはオープンしてから15年ほどですから古い感じは否めませんが、温泉としては良かったですよ。
上野から東鷲宮まで JR宇都宮線で55分。小旅行みたいなもんでありました。
b0218915_7573265.gif
近くの湯治場 百観音温泉
 埼玉県久喜市西大輪2-19-1 0480.59.4126 JR宇都宮線 東鷲宮駅 徒歩3分(上野駅より55分)
 第3火曜日休館(祝日の場合は翌日) 営業時間 : 平日 8:00 - 23:00 / 土日祝 6:30 - 23:00
 入館料 大人800yen/4時間(土日祝は850yen) 延長料金 100yen/1時間



by anton_anton | 2015-06-04 08:07 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

寿湯だより 5月号

先日のOFF日。休みなのに夜打合せという散々な日。
せめてもと思い、昼過ぎに東上野の寿湯に行きましたよ。
熱めに設定してある薬湯のメニューはなんと「トマト湯」でありました。
b0218915_235932.jpg
入浴料460yen/サウナ200yen
タオルセット(バスタオル、ファイスタオル、あかすりナイロンタオルの3点セット)50yen
合計710yenの贅沢であります。



by anton_anton | 2015-05-16 23:05 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

寿湯だより 100号!

お馴染み台東区東上野5丁目にある銭湯、寿湯。
我がブログでも紹介している壁新聞『寿湯だより』が今月号で創刊100号になりました。
b0218915_21362190.jpg

今月号は若き店主の長沼さんが100号までの軌跡に自身を重ねて語っております。
そして今後の200号、300号に向けての決意と展望も。
寿湯のWebsiteを覗いてみたら創刊号の復刻版があったので一応あげておきます。

b0218915_2136375.jpg


緊急告知!
明日12/11(木曜日)のテレビ朝日「ワイドスクランブル第2部 12:30から」に
寿湯が登場するようです。


東上野寿湯
 台東区東上野5-4-17 03.3844.8886 定休日/第3木曜日のみ
 営業時間 12:00 - 25:30
 料金 : 大人460円/小学生180円/幼児80円/サウナ200円/タオルセット50円



by anton_anton | 2014-12-10 21:57 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

散歩の達人/近場の温泉

結構毎月のように購入している『散歩の達人』でありますが、12月号は−近場の温泉主義−です。
いいっすね、温泉・・・それも「近場」と限定しているのが日々精進的にいい。
b0218915_215225.jpg
紹介されている銭湯や日帰り温泉施設に中に我が「銭湯民族」括りにあるモノはなんか嬉しいですな。
記事を書かれた方がどんな感じで湯につかったのか。

ちなみに12月号で紹介されて、我輩がつかったことのあるトコは以下の通りであります。

清水湯(品川区)
蛇骨湯(台東区)
ヌーランドさがみ湯(大田区)
そしがや温泉21(世田谷区)
清河寺温泉(さいたま市)
さやの湯処(板橋区)
明神の湯(足立区)
早稲田天然温泉めぐみの湯(三郷市)
天然温泉ゆの郷(川口市)

近場の温泉紹介ということですから
六龍鉱泉(台東区)
御谷湯(墨田区)
染井温泉Sakura(豊島区)
大師の湯(足立区)
浅草観音温泉(台東区)
水月ホテル鴎外荘(台東区)
あたりも取り上げて欲しかったであります。



by anton_anton | 2014-12-07 22:45 | 続450円のパラダイス | Comments(0)