Anton日々精進4

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧


清水湯 @ 南青山

b0218915_2214920.jpg
先日紹介した『江戸湯屋めぐり』は地味に続けております。
3カ所目の銭湯は南青山‥‥表参道交差点からほど近いトコにある銭湯です。
調べてみたら3年ぶり。この日のメインはここに来る事でした。
b0218915_22141916.jpg
3年前は事前に銭湯レポートを電話で説明し、快く取材OKで開店前に入場してじっくり撮影させてもらいました。今回はアポ無しで、開店から30分ほど過ぎててお客さんも入ってたので入浴をじっくり楽しみましたよ。
施設とかなんかは以前のページを見てもらう事にしましょう。
(↓)興味があったら覗いてみて下さい。

2010年8月に訪れた時のレポート

ナウい街のど真ん中にある銭湯です。手ブラでも入浴可能なので、よろしければ。


b0218915_22182865.jpg 南青山・清水湯
 港区南青山3-12-3
 03.3401.4404
 毎週金曜日定休
 平日
 12:00 - 24:00(最終入場23:30)
 土・日・祝日
 12:00 - 23:00(最終入場22:30)
 
b0218915_2222555.gif




by anton_anton | 2013-06-27 22:34 | 続450円のパラダイス | Comments(0)

明治神宮 お参り

b0218915_1724572.jpg
b0218915_17251161.jpg
b0218915_17251826.jpg
b0218915_17252651.jpg
b0218915_17253569.jpg
b0218915_17254213.jpg
b0218915_17254957.jpg




by anton_anton | 2013-06-26 17:26 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

東京ジャーミィ見て来た

b0218915_16384059.jpg
b0218915_2393357.jpg
b0218915_2394293.jpg
b0218915_2395159.jpg
b0218915_2310039.jpg
b0218915_2310113.jpg
b0218915_23102095.jpg
b0218915_23103060.jpg
b0218915_23104088.jpg
b0218915_23105050.jpg
b0218915_2311119.jpg


b0218915_23145297.jpg東京ジャーミィ・トルコ文化センター
 渋谷区大山町1-19
 東京メトロ千代田線 代々木上原駅 徒歩4
b0218915_23242967.jpg




by anton_anton | 2013-06-26 16:38 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

夏越の祓 @ 湯島天神

大祓(おおはらい)
私達が毎日生活している中で知らず知らずに犯してしまう諸々の罪穢災厄(つみけがれわざわい)を除く為に、年二回、6月(夏越の大祓)と12月(師走の大祓)の晦日の日に行う日本古来の神事。
b0218915_23595815.jpg
b0218915_00842.jpg
b0218915_001878.jpg

2009年 浅草神社 夏越の大祓式の様子
2010年 浅草神社 夏越の大祓式の様子



by anton_anton | 2013-06-23 00:07 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

墓参りと昼メシ

命日前の水曜日が墓参りの定番日であります。
次女も休みを取り恒例の午前中でありました。
供養花も向日葵だったりして、いやいや夏でありますな。
b0218915_20253946.jpg
寿二のコフちゃんちでジュースと供養用のワンカップ。
お寺で線香とサカキを取得しまして‥‥本日は二人で墓の丸洗いでした。

予定通り午前中早いうちに済ませて、あとは「しゃぶしゃぶ」喰い放題に行きましたよ。
以前紹介しているので画像無しです。

13:30に帰宅出来たので、我輩一人で日帰り温泉に行って参りやした。
今週の OFF日はこれで終了。来週はどっか行きます。



by anton_anton | 2013-06-19 20:33 | まだまだ日々精進 | Comments(0)

絵のある街 @ 上野で安く肉を喰らう

えー、次女との食事会であります。
我輩も次女も遅い盆休みをとった(もっとも我輩は2日間)初日であります。
「肉でも喰うか」ということで、焼肉をガッツリ食べようということになりましたよ。
上野という場所は決めたものの、さて何処にしようかと迷いまして‥‥
我輩的には東上野の韓国エリアに行きたかったんですけど、
そこははっきり言って美しくない店構えなので次女が抵抗あるかな?と考えてここにしました。
b0218915_2320617.jpg
いい肉を少しずつ喰おう!という目的で入店(17:30頃)したんですが、開店直後はタイムサービスがあって安いんですな。メニューを持たせて1枚、どうでしょう?ここは毎週火曜日は終日半額サービスもやってますぞ。
b0218915_23201695.jpg
b0218915_23202518.jpg
b0218915_2320363.jpg



b0218915_23222451.jpg焼肉・韓国酒家 絵のある街

 基本的に年中無休

 台東区上野6-13-9 新都乃田ビル2F

 03.3839.2981

 OPEN 11:00〜24:00(L.O 23:20)
 ランチタイムあり 11:00〜14:30

 上野丸井の脇道を入って5、60ほどの右側のビル



お手軽な肉を見てみる? ← クリック!

by anton_anton | 2013-06-15 20:10 | 続B級グルメの贅沢 | Comments(0)

察してほしい@吉田拓郎YOKOSO

吉田拓郎YOKOSOって見ました?
我輩たまたま可能だったので録画しながら放送リアルタイムで見ちゃいました。
千夜一夜での沢田研二との関わりも意外でしたが、高橋真梨子との関わりも同様でしたね。
高橋真梨子が高橋まりとしてペドロ&カプリシャスに参加したのは1973年だったそうです。
その頃の我輩はフォークルから拓郎どっぷり派で、いわゆるフォーク馬鹿時代。
どちらかというとペドロ&カプリシャスは歌謡曲のククリだったので、曲は知っているがスルーしていたバンドでしたかね。高橋真梨子がソロとして活躍し始めた時もパブやスナックで(ちと古いか)で女性客がカラオケで歌う歌手というイメージでありました。

話は変わりますが、拓郎も67歳ですってよ。番組では『Voice』を熱唱していました。
対談の拓郎の声は妙にシワガレテいて心配だったんですが、歌はまだ大丈夫でした。
シューベルツ→ジローズの杉田二郎や、かぐや姫→風の伊勢正三の現在の唄を聴くと複雑ですもんね。
b0218915_23433420.jpg

今回の Key Word は「察してほしい」です。

五番街のマリーへ 作詞 : 阿久悠 / 作曲 : 都倉俊一
五番街へ行ったならば マリーの家へ行き
どんなくらし しているのか 見て来てほしい
五番街は古い町で 昔からの人が
きっと住んで いると思う たずねてほしい
マリーという娘と 遠い昔にくらし
悲しい思いをさせた それだけが気がかり
五番街でうわさをきいて もしも嫁に行って
今がとてもしあわせなら 寄らずにほしい

五番街へ行ったならば マリーの家へ行き
どんなくらし しているのか 見て来てほしい
五番街で住んだ頃は 長い髪をしてた
可愛いマリー 今はどうか しらせてほしい
マリーという娘と 遠い昔にくらし
悲しい思いをさせた それだけが気がかり
五番街は近いけれど とても遠いところ
悪いけれどそんな思い 察してほしい


さて、吉田拓郎のこの手の番組‥‥次はいつ頃やるんでしょうかね。



by anton_anton | 2013-06-13 23:43 | MY FOREPLAY MUSIC | Comments(0)

雨だから紫陽花 貳 / 飛鳥の小径

b0218915_21255253.jpg
b0218915_2126257.jpg
b0218915_21261060.jpg
b0218915_21261886.jpg
b0218915_21262760.jpg




by anton_anton | 2013-06-12 21:26 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

雨だから紫陽花 壱 / 長久院

b0218915_2033222.jpg
b0218915_20333120.jpg
b0218915_20333949.jpg
b0218915_20334996.jpg
b0218915_20335774.jpg
b0218915_2034764.jpg
b0218915_2034161.jpg
b0218915_20363113.jpg




by anton_anton | 2013-06-12 20:36 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

吉田拓郎YOKOSO 録画しなくちゃ

b0218915_23401040.jpg
またもや偶然知ったので、早速録画予約しておきましたぞ。
NHK BSプレミアムで明後日、6月12日(水曜日)22:00からの放送であります。
拓郎が聞き手でゲストは五番街の高橋真梨子のようでありますよ。

『人の初めての出会いはおよそ40年前、プライベートでの場。
 高橋によると、拓郎は音楽を熱く語った。
 しかし拓郎の記憶によると、それは違うらしい…実は…。
 そんな話で2回目の対談が始まる。
 拓郎の大ファンだという高橋。
 拓郎も高橋の歌声が好きだという。
 拓郎は生ギターで「五番街のマリーへ」を歌唱、高橋の魅力について熱く語る。
 そして高橋から、歌手としてどう生きてきたのか、
 プライベート話…貴重な話を引き出していく…』






とりあえず録画しときましょうよ、皆さん。



by anton_anton | 2013-06-10 23:51 | MY FOREPLAY MUSIC | Comments(0)