Anton日々精進4

<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


Moineau モアノ @ 池之端

b0218915_772756.jpg
別項で書いた清水坂の煉瓦屋敷から上野高校に向うと左側に路地があります。
正確に言うと路地は道ではなく敷地延長の路地状なんですけどね。
その奥に我が癒しカフェ「Café et Galerie Moineau - モアノ -」がありますよ。
前回も書きましたが、近所に住んでいたらここでボーッとする回数も増えるんですけどねえ。
b0218915_23281621.jpg
現在Moineau(モアノ)ではMoineau’s Collection 展が開催されています。
Moineau が所蔵する過去にギャラリーで展示した作品の展示です。
b0218915_23282972.jpg
ん?デッキに寝ころぶ犬の絵がありますね‥‥、勿論このモデルはお察しの通り。
b0218915_23284015.jpg
看板犬イルは犬好きの我輩にとってはタマラナイ存在であります。
初めて会った時に比べてずいぶんと落ち着いた雰囲気になってきました。
b0218915_23285027.jpg
ガレットが食べたいんですよ、実は。
ところがいつもたどり着く時はノドカラ状態で、軽いアルコールかアイスコーヒー。
おイトマする時に「次回食べに来ますんで」といいつつ、小さな嘘を繰り返しております。
b0218915_2328594.jpg
場所は Map参照。
動物園の帰りに根津方面に歩くのもいいし、谷根千散歩後に足を伸ばしてもいいかなっていう距離にあります。
b0218915_773897.gif




by anton_anton | 2013-07-20 07:08 | Café で瞑想する | Comments(0)

清水坂(しみずざか)の煉瓦屋敷も?

都立上野高校正門あたりから下っていき上野動物園脇に続く坂を清水坂(しみずざか) といいます。
坂を下りて行く右に急カーブになり、下りた先に交番。
左に折れて進むと黒湯銭湯「六龍鉱泉」、鴎外荘があり辨天堂前にたどり着きます。
その清水坂の急カーブの内側に圧倒的な存在感の古い建物‥‥煉瓦屋敷がありますよ。
我輩、逆のコースで不忍池/辨天堂方面から歩いておりまして清水坂を上り始めた時、何やら工事をするような物音‥‥その煉瓦屋敷の一部に養生パネルが施され、空地には解体業者のトラックがありました。
例の上野下アパートに続き、長年見続けて来たこの古屋敷もついに!
b0218915_04678.jpg
古い建物が無くなっていくのはドライに言えば必然。
ノスタルジックな感情は単なる思い入れなんですかねえ。
『結論』
清水坂の煉瓦屋敷は残りますよ。
この屋敷の構造は文字通りの煉瓦構造‥‥煉瓦を積み上げた構造物。
壁の厚みは約35cm、この厚みでモタセテイタのであります。
一昨年の大震災はこの建物にも多大なダメージを喰らわせました。
何とかしなくちゃならなかったわけですね。
今回の解体業者の作業は屋敷の中身を空にするモノでありました。
実際は建替えするのが自然なんでしょうが、やっぱノスタルジック重視なんですな。
煉瓦屋敷、補強されて存続です。
補強というよりRCビルを内部に造っちゃうって工法がとられるようです。
厚さ35cmの煉瓦の壁の内側に新品のRC(鉄筋コンクリート)の壁が出来ます。
中身新品の煉瓦屋敷に蔦が絡まる風景がこれからも見れますよ。うーん、一安心!



by anton_anton | 2013-07-20 00:17 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

アートアクアリウム2013見てきた

b0218915_2131663.jpg
金魚のアートを展開するイベントであります。
我輩は昨年の開催も全く知りませんでしたが、ひょんなことから情報が入り好奇心も湧いたので行ってみました。会場は日本橋室町の日本橋三井ホールであります。東京駅から歩きました。
b0218915_2132739.jpg
アクアリウムってのは Aquarium: 水生生物の飼育設備を指す。水族館のような大型施設から小規模の個人的設備までの全体にまたがる概念である(Wikipedia)。
今回のイベントは金魚の水族館それもアートですよぉでいいんですかね。
難しい概念やイベントのコンセプトなどをくどくど書いても仕方がないので、サラッと見せます。
b0218915_2133564.jpg
「VENINI」江戸×ヴェネツィア(製作:VENINI)
 イタリアのヴェネツィアンガラスアートの最高峰である「VENINI」との共同作品。
 金魚(土佐錦魚)のゆらめく尾びれを象徴的に表現し、
 見た目にも金魚を感じさせるガラス製の金魚鉢「Kingyo」。
b0218915_2335210.jpg
〈大奥 OOOKU〉巨大金魚鉢
 花魁 OIRAN〉の流れをくむ巨大金魚鉢シリーズの大作。
 金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する“大奥”を表現した、
 幅約3mにわたる複合的な作品。
 多くの女性が自らの美を競い合う豪華絢爛な世界を表している。
 そして美と艶を輝かせながらも、どことなくはかなげな生き様を、
 妖艶に泳ぐ金魚と重ね合わせている。
b0218915_234455.jpg
b0218915_23385280.jpg
〈金魚コレクション KINGYO COLLECTION〉
 キレイな金魚、変わった金魚、珍しい金魚、可笑しな金魚など、
 今まで見たことのない金魚が一同に揃う「金魚コレクション」。
 壁から飛び出た大小さまざまな丸いアクアリウム。
b0218915_2339432.jpg
〈金魚品評 A SHOW OF KINGYO〉
 水面が波立たない円形の水盤を優雅に泳ぐ、金魚を上から楽しむ作品群。
b0218915_23391262.jpg
〈カレイドリウム KALEIDORIUM〉万華鏡
 横長水槽の側面には三角形のレンズが埋め込まれ覗くと幾何学模様が現れる。
 レンズのそばを金魚が泳ぐと、万華鏡の様に模様が美しく変化する作品。
b0218915_23392324.jpg
〈エレガンスダンス ELEGANCE DANCE〉華魚撩乱
 無数の金魚が泳ぐのは上部を覆わない横長の水槽。
 こ川に見立てたアクアリウムを複数本、ひな壇のように階段形式で展示する豪華絢爛な作品。
 横に設置した階段を上り降りすることができ、横からも上からも作品を見ることが出来る。
b0218915_23393377.jpg
〈新江戸金魚飾 NEW EDO KINGYO DISPLAY〉
 江戸時代に楽しまれた横から眺める木枠の水槽を、プリズム効果をもたらす
 透明な多面体の水槽として、現代に新たな形で甦らせた。
 情緒を残しながら、未来を感じる作品。
b0218915_22473476.jpg
〈江戸内海 PARADISE EDO SEA〉
 ライブコーラルと海水魚を用いた水中造形アート。
 海の世界だが和の雰囲気を醸し出し、キンギョハナダイという魚種を泳がせている。
 本展のコンセプトである「〜江戸・金魚の涼〜」を海の世界で表現。
b0218915_22474476.jpg
〈キモノリウム KIMONORIUM〉着物水槽
 屏風水槽 BYOBURIUM〉の流れをくむ、映像とリアルな金魚が融合する作品。
 京都の伝統工芸品である“京友禅”の最高峰の着物を水槽に埋め込み、
 その上に着物の柄を生きた金魚と3Dプロジェクションマッピングで表現。
 京友禅で描かれた世界から動き出す映像世界を、生きた金魚が上下に舞うことで
 完成する瞬間美を楽しむことができる。
b0218915_22475686.jpg
〈ギヤマンリウム GIYAMANRIUM〉
 透明な多面体でプリズム効果をもたらすアクアリウム〈プリズリウム〉の新たなる試み。
 複数の横のプリズム効果がもたらすのは、全体像を結ぶことが少ない金魚が織り成す幻想的な作品。
 江戸時代にダイヤモンドやガラスなどキラキラとしたものを
 “ギヤマン”と呼んでいることから作品名が名付けられた。
b0218915_22481223.jpg
〈水中四季絵巻 THE FOUR SEASONS AQUARIUM〉絵巻水槽
 プロジェクションマッピングにより投影された美しい日本の四季の中を
 本物の錦鯉が泳ぐ全長8mの作品。日本庭園を思わせるこの作品は、
 池への景色の映り込みも見事に再現している。
b0218915_22482324.jpg
b0218915_22483358.jpg
〈アンドンリウム Andonrium〉行燈水槽
 中に泳ぐ金魚と水槽の側面のレースで施されたグラフィックとが、
 常に変化し続け複雑な影を織り成す。
 行燈という日本の伝統的な照明をモチーフにしたアクアリウム。
b0218915_2248431.jpg
ECO EDO 日本橋
アートアクアリウム 2013 & ナイトアクアリウム 〜江戸・金魚の涼〜
 開催概要
  会期|2013年7月13日(土)-9月23日(月・祝)/会期中 無休
  開催時間|11:00-23:30(最終入場 23:00)
    アートアクアリウム 11:00-19:00
    ナイトアクアリウム 19:00-23:30
  会場|「日本橋三井ホール」
     東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町5F(入口4F)
  入場料(税込)|当日:一般 1,000円/子供(小学生 以下)600円/3歳以下 無料 
   ※小学生以下 保護者要同伴
  お問い合わせ|アートアクアリウム事務局/03-3270-2550(代表 10:30-20:00)



by anton_anton | 2013-07-17 21:04 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

とんかつ みのやの秘密兵器!

b0218915_16265135.jpg
我がブログではお馴染みになりました東十条のとんかつ「みのや」。
そう、ワンコイン(500yen)でたらふく喰えるローカル色豊かなとんかつ屋でありますがね。
ついに秘密兵器というか、最終兵器というか‥‥
そう言えば何でなかったんだろうというメニューが、期間限定ですがお目見えしました。
『かつ丼』であります。
勿論揚げたての「みのやのかつ」をトジルんですから旨くないわけないですな。
今回我輩は普通にロースかつ定食を頼んだんですが、それが出来上がった時に気がつきました。
隣りの人のトコにそれが運ばれて来たからであります。ないはずのメニューに暫し沈黙。
b0218915_1627435.jpg
かつ丼に馴染みの丼豚汁とお新香がついて600yenらしいです。
次回は必ずオーダーして味の方もレポートしたいと考えておりますので、待っててね。


とんかつ みのや
 北区中十条3-17-4 電話 03.3900.7080 日曜日定休
 営業時間 11:00 - 14:00 / 17:00 - 22:00
 JR京浜東北線 東十条駅北口(赤羽寄り)下車 改札出て左に 石段上がってすぐ右側

 主なメニュー
 ロースとんかつ定食 500yen / ハムエッグ定食 500yen / ひとくちひれかつ定食 650yen
 上ひれかつ定食 800yen / ポークソテー(リブロース)定食 800yen
 あじフライ定食 500yen / ウィンナー(6本)定食 500yen / いかフライ定食 500yen
 マカロニ・ポテトサラダ盛合わせ(すごいボリューム)300yen / キャベツのみ 50yen
 定食には ごはん(300g)と丼いっぱいの豚汁が付く。
 ちなみに ごはん大盛りにすると 450gがくるので要注意。

 もひとつちなみに キャベツ 50yenをつまみにビール飲んでる人を目撃しました。



by anton_anton | 2013-07-17 16:57 | 続B級グルメの贅沢 | Comments(0)

Hurricane Bob Dylan




先日WOWOWで映画「ハリケーン」をやってました。
ボクシングのチャンピオンだった ルービン'ハリケーン'カーターが
殺人罪で逮捕された事件を描いたものであります。
ボブ・ディランの歌う曲が好きだったんですねえ。

b0218915_06132.jpg高校生だった頃にギターを始めたんですが、吉田拓郎に夢中だったのは既に述べた通り。
その拓郎が憧れていたのがディラン。
ミーハーだったので我輩もディランを好きになろうと思いましたよ。それまでディランは知っていたものの落ち着いて聞いた事はなかったんですけどね。
土曜日の夕方だったか南こうせつがMCをやってた単発番組がありまして、そこで放送されたのがこの「ハリケーン」のPVでありました。こうせつの「ディラン最高!」に同感でありましたねえ。カッコよ過ぎましたよ。


ちょうどその頃FM東京で毎週土曜日の深夜に9週連続で『Bob Dylan Super 9 Weeks』という2時間枠の特集が始まりました。勿論、第1週から1曲も逃さず全て録音したのは言うまでもありませんな。
後発のディラン信者であるのですよ、我輩は。
ハリケーンは映画もおススメしときます。
しかしディランについてるコーラスの皆さん、苦労してるでしょうね。



by anton_anton | 2013-07-15 00:03 | MY FOREPLAY MUSIC | Comments(0)

真夏日の緑の景色

b0218915_23193615.jpg
夏が始まるとこの緑がまぶしいですね。
b0218915_23194799.jpg
b0218915_23195739.jpg
たまには芸大の音楽方面から。
b0218915_2320572.jpg




by anton_anton | 2013-07-14 23:20 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

ほおずき市 2013 浅草寺

b0218915_2243612.jpg
四万六千日といえば「ほおずき市」=と言ってもいいんですけど、お参りとほおずき(売り子)ウオッチングは明確な線引きをしておかなくてはならない!と前々から感じていました。
こんな笑顔されたらお参りどころじゃないでしょ‥‥で、市の感じをお伝いしたいだけの項であります。
b0218915_23171967.jpg
仲見世を歩いて行くと宝蔵門近くからほうずきの出店が現れます。
ほおずきの鉢には風鈴がツキモノ。風鈴と宝蔵門と五重塔のコラボです。
b0218915_23173185.jpg
ほおずきは鉢だけではありませんよ。
b0218915_23174135.jpg
真夏により近いイベントなんでオネーさんたちも元気一杯であります。
b0218915_23175096.jpg
浅草寺本堂の上から遠映を。平日午前中にもかかわらず熱気を感じました。
b0218915_231816.jpg
ほおずき市は暗くなるつつある夕方からが好きなんですけど今回は明るい市の様子です。
ほおずき市が終わると次の浅草のイベントは7月27日(土曜日)の 第36回 隅田川花火大会 ですかね。我輩は今年も目にすることは不可能ですが、一応、告知しておきますよ。

第36回 隅田川花火大会

昔の記事ですが、 隅田川花火大会の雰囲気はこんな感じ ←ここをクリック!
b0218915_23181052.jpg




by anton_anton | 2013-07-10 22:04 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

四万六千日分お参りするのだ

b0218915_21571953.jpg
b0218915_791515.jpg
b0218915_79247.jpg
b0218915_21521352.jpg
b0218915_21522437.jpg
b0218915_21523480.jpg
b0218915_21524385.jpg
b0218915_21525188.jpg




by anton_anton | 2013-07-10 21:57 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

夏のたそがれ堂 @ 根津2丁目

b0218915_9224037.jpg
根津の路地裏にあるこの店に夏バージョンの『たそがれ人形』がお目見えしたとの情報を得て、行って参りました。たそがれ堂は店に入る瞬間からちょっとゆっくりした時間が過ごせます。
b0218915_21192576.jpg
これですよ。
浮き輪だったりスイカだったり、そして金魚を見せていたりと確かに夏らしい‥‥
そんで言われてみれば白い肌が日に焼けてました。
b0218915_2119356.jpg
去年は油断して不参加だった芸工展に満を持して参加するそーです。


b0218915_21194886.jpgたそがれ堂

 文京区根津2-21-5

 日曜日・月曜日・第3土曜日 定休
 (一応、infoか電話で確認の事)

 080.6746.8975

 営業時間 11:00 - 16:30

 
b0218915_2125265.jpg




by anton_anton | 2013-07-10 09:23 | Antonお店探訪 | Comments(0)

蒲田で餃子を食べよう

b0218915_9122983.jpg
仕事の関係で蒲田。
何年ぶりですかね、ちょうど昼時間だったので餃子であります。
前回、区役所の受付の女性に教えてもらった店に寄りましたよ。
b0218915_1485199.jpg
歓迎と書いて「ホアンヨン」と読みます。
区役所の並びにあるんで比較的分かりやすい場所にあります。
蒲田は餃子で有名なトコでありまして、
他にも有名店があるんですが灼熱の猛暑日なので近場(それも味が確かな)を選んだわけで。
b0218915_149012.jpg
開店時間が11:30で、我輩の入店がその15分後ぐらいだったんですがほぼ満席。
近くのテーブル席からは中国語らしき会話が耳に入ってきます。
お店の人たちも中国の人たちで、うん、それだけでも美味しそーな予感。
b0218915_1491085.jpg
ランチのメニューは何種類かあったんですけど
(参考 : 鶏肉と野菜の辛み炒め/豚肉キクラゲ玉子/麻婆豆腐丼と餃子/担々麺、餃子、ライス 各700yen )
やっぱ餃子を食しに来たわけで「餃子2人前&ライス」をオーダーしました。
焼き餃子300yen二人前+ライスで780yen やたら熱々のスープと搾菜が付きます。
b0218915_1491998.jpg
一口食べて以前来た時の味を思い出しました。旨いのであります。
蒲田なんで餃子といえば羽根つきなんですが、我輩は羽根つきにこだわりは無し。
生姜の効いたサッパリ系なんですが皮がモチモチで旨し。
下の画像でも分かると思うんですが肉汁が半端じゃないですよ、
餃子が運ばれていきなり口に入れると慌てる熱さなので要注意。
b0218915_1492926.jpg
壁にサービスデーの貼紙がありました。
毎週土曜日が餃子のサービスデーみたいで、300yenが250yenだそーです。
近々蒲田には来そうなので、違う店も行ってみますかね。


b0218915_1494754.jpg中国料理 歓迎ホアンヨン

 大田区蒲田5-13-26 
 大田区生活センタービル 1F

 03.3730.7811

 基本的に無休

 JR蒲田駅東口 
 線路と並行して区役所方面へ歩き
 区役所を過ぎて3、4分(区役所並び)

 営業時間
 11:30 - 14:00 / 17:00 - 23:00




by anton_anton | 2013-07-10 09:12 | 続B級グルメの贅沢 | Comments(0)