Anton日々精進4

深大寺の周りを歩く

b0218915_9521436.jpg
b0218915_18145097.jpg


もっと周りを見る‥‥

# by anton_anton | 2011-04-27 09:58 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

深大寺 お参りしました

b0218915_9412496.jpg
b0218915_9413522.jpg


深大寺のようすはこちら

# by anton_anton | 2011-04-27 09:44 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

深大寺で「そば」その貳

b0218915_436954.jpg
b0218915_4362022.jpg
b0218915_4362917.jpg
b0218915_4363918.jpg
b0218915_4364922.jpg
b0218915_4365741.jpg

b0218915_437778.jpg
 名代 手打ちそば処 松葉茶屋
  月曜日定休 調布市深大寺元町5-11-3 042.485.2337 10:00 − 17:00



# by anton_anton | 2011-04-27 04:40 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

深大寺で「そば」その壱

b0218915_473261.jpg
b0218915_473966.jpg
b0218915_474841.jpg
b0218915_475730.jpg
b0218915_4864.jpg

b0218915_481762.jpg
 深大寺手打ちそば 湧水
  木曜日定休 調布市深大寺元町5-9-1 0424.98.1323 10:30 − 17:00



# by anton_anton | 2011-04-27 04:12 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

深大寺で温泉につかる

b0218915_3241435.jpg
b0218915_3242398.jpg
b0218915_3244168.jpg
b0218915_3245183.jpg
b0218915_325111.jpg
b0218915_3251035.jpg

b0218915_3252169.jpg
 深大寺温泉 ゆかり
  毎月第一水曜日定休 調布市深大寺元町2-12-2 042.499.7777 10:00〜22:00
  ◯京王線調布駅から京王バスで深大寺停留所下車 徒歩6分
  ◯または10:00から20:00(一時間毎)出発の送迎バスあり




# by anton_anton | 2011-04-27 03:44 | 続続 吟遊詩人の旅 | Comments(0)

神楽坂フラスコ「水まわりの店」

b0218915_231817100.jpg
b0218915_23182878.jpg
b0218915_23184866.jpg




もっと水まわりを見てみる ← クリック

# by anton_anton | 2011-04-24 23:26 | ギャラリーに入ってみよう | Comments(0)

さよなら田中好子

b0218915_225431100.jpg
元キャンディーズのスーこと田中好子さんが亡くなりました。
新ブログのトップ記事が訃報とは‥‥とは思いましたが、同年代のスターだし。
キャンディーズ自体にはハマってはいなかったんですが、スーだけは少し思い入れがありまして。

キャンディーズというと、ある年代の方には常識でありますが「ラン(伊東 蘭)、スー(田中好子)、ミキ(藤村美樹)」の3人組のアイドルでありました。デビューの頃、我輩はギターの練習とフォークに夢中でしたので(高校生というカッコづけもありましたが)興味全く無し。遅れてデビューした桃色レディーのミーは好きだったんですけどね(蛇足)。
だからこのユニット、スーがメインなのかランがメインなのかも知りませんでした。

時は流れて我輩が学生の頃、北千住でたらふく呑んだ後にミドリ屋(現在はTSUTAYA)のトコに21:00頃からラーメンの屋台が出てまして、そこのラーメンを喰うのが〆だったのであります。ラーメンなのに分厚く大きな叉焼が3枚も入ったそれは旨かったんですなぁ。たまにニンニクラーメンをオーダーするとスリおろしたものでなく、みじん切りした白いニンニクが表面を覆い尽くしたほどでありました。

えーと、何の話でしたっけ?
そうそう、スーの話でありました。
あれは二十歳過ぎてましたな。

いつものように酒を呑み、定番のラーメンを啜っていた時でありました。
北千住駅の方から若い女性が歩いてきたのであります。
それが、今まで見た中でトビきりで痩せてて美しく‥‥酔っぱらっていたものですから屋台をその女性が通り過ぎる時に(正確に覚えてませんが)声をかけたんですな。その女性はちょっと迷惑そうな表情で視線を我輩達に送ったあと、通り過ぎました。
酔っぱらった勢いもあったわけでありますから、若気のイタリでしつこく声をかけたりすることもありえたのですが、我が3人組はおとなしく丼に視線を落としつつ「むちゃくちゃキレイな!」とユニゾンで唱えておりました。
一寸の静寂の後、ひとりが「い、今のスーじゃね?」と気付きまして。
「いやいやスーなら自宅まで北千住の歩道を歩くかぁ?タクシー使うだろ。」
という意見もあがりましたが、3人とも「あれはキャンディーズのスーだ!」と結論付けしたのです。

正直に言うと、その夜から我輩はスーの隠れファンになったわけで。
キャンディーズは他の2人が相当に痩せていたのと、TV画面を通じていたのでスーは太ってるというイメージでしたが、実際はスレンダーな抜群のスタイルの女子でありました。まだ、若いよなあ‥‥息の長い女優として活躍出来たはずなのに。        合掌



# by anton_anton | 2011-04-21 23:27 | まだまだ日々精進 | Comments(0)

Anton日々精進さらに‥‥を振り返る

移動してきた皆さん、どーもです。
少し頑張らずにまったりと続けていきますので、またヨロシクお願いいたしますね。b0218915_2253117.jpg
画像容量1GBが満タンになるのに1年と10ヶ月でありました。
前ブログは少しペースが早過ぎましたな。
この項はその前ブログ『Anton日々精進さらに』のおさらいであります。
INDEX になっておりまして、それぞれクリックするとそのページに行けます。
場所や金額などのデータも記してありますので、適当に利用して下さい。



《イベントとか行事とか》
b0218915_16312330.jpgいやはや、行事やイベント系は毎日毎日どこかで行われているわけで。限界を感じつつも色々参加/見学しました。
谷中妄想ツアー!2010茶会
谷中妄想ツアー!2009
きむらとしろうじんじん「野点」
さすらい姉妹寄せ場興行2010
さすらい姉妹寄せ場興行2011
第22回 東京時代まつり
文京つつじまつり@根津神社
第33回 隅田川花火大会
深川フォトセッション
羽子板市@浅草寺
四万六千日@浅草寺
ほおずき千成市@駒込大観音
入谷朝顔市2010
ながしの乙女。第3弾
ながしの乙女。第2弾
ながしの乙女。第1弾
NO MAN'S LAND@旧フランス大使館
一箱古本市
大江戸深川さくらまつり
浅草サンバカーニバル
深川不動堂のありがたい行事らしい
2010浅草寺 節分会
2011根津神社 節分祭
2011諏訪神社 節分祭
谷根千工房お別れイベント


《B級グルメについて》
b0218915_16314567.jpgお金を出せば美味しいモンを喰える確率は高い。しかし、それを紹介したって仕方ありませんな。とにかくCPの高い極上のB級グルメを堪能しよーではありませんか。値段も記載しておりますよ。
言問と長命寺のスィーツ
ランチに電気ブラン
神楽坂の先でフレンチ
内神田でお手軽値段のフレンチ
月島もんじゃ
大盛りの美学 荒川光栄軒
蒲田/歓迎のはねつき餃子
限界まで刺身を喰らう
北千住の最強B級グルメ
とんかつ いもや
極上の立食い蕎麦 両国文殊
森下-岸氷室-のかき氷
御徒町のナポリタン
海鮮丼「具の大盛り」
銀座ホール(砂町)のやきそば
堀切の哈爾濱餃子
日本橋お多幸で「とうめし」
銀座ブラジル浅草店の名物
蒙古タンメン 中本
近江屋洋菓子店でボルシチ
北千住で串カツ
埼玉屋のやきとんレポート
根津の豆腐屋で朝ごはん


《散策シリーズ》
b0218915_1632583.jpg以前はメインだったのでありますが、どんどん時間がタイトになってしまう日々でありまして「のんびり歩く」ことがなかなか難しくなってきました。美術館などでボーッとすることも最近ないですなあ。

原色の街のノスタルジー
上野公園の眠り猫
浅草寺伝法院の庭園公開
ダイヤモンド富士が見たい
和舟の花見@門前仲町
六義園の紅葉狩り
旧岩崎邸で澄んだ歌声を聴く
芸大でミドリカワ書房を知る
不忍池で蓮を眺める
第2井上ビル@茅場町
清澄庭園のライトアップ
佃島を眺めて考える
夕暮れの富岡八幡宮
建て始め TOKYO SKY TREE
SKY TREE View Point
夏越しの大祓@浅草神社
へび道の人だかり
飛鳥山に佇む大正の文庫
二科展@国立新美術館


《祭囃子が聞こえる》
b0218915_16323054.jpg今年は件の震災で、祭の開催が自粛されるようです。色々なエリアの町会はまた一年間、チカラを蓄えることになりました。せめて画像で‥‥。

2010下谷神社大祭 宵宮
2010下谷神社大祭 宮出
2010三社祭 氏子各町連合渡御
2010三社祭 宵宮
2010三社祭 二之宮渡御
2010第六天 榊神社大祭 宮出
2010鳥越神社 例大祭 宮出
2010根津神社 例大祭 神幸祭
2009根津神社 例大祭 町内神輿
2010富岡八幡宮 例祭


えー結構マニアックに撮影していますので、祭初心者の方もこれで勉強して下さいねー。夏祭りも秋祭りも皆が一丸となる催しでありますな。


《色々なお店》
b0218915_16324963.jpg街を歩くとなかなかカッコイイ店があります。
未だに一見の店に入るのは勇気がいるのですが、その緊張感も楽しいモンであります。

たそがれ堂 / 文京区根津
surou n.n / 日本橋人形町
IREMONYA / 台東区蔵前
COLORWORKS / 千代田区東神田
ババグーリ / 江東区清澄
パリットフワット / 文京区千駄木
谷中草庵 / 台東区谷中
m+エムピウ / 台東区蔵前
文具scos / 文京区本郷
le poilu / 台東区谷中
ShuRo / 台東区鳥越
プフレーゲライヒト / 台東区谷中
mederu jewelry / 台東区浅草
Negla / 文京区千駄木
カキモリ / 台東区蔵前
SLOW / 台東区谷中
森岡書店 / 日本橋茅場町
クリコ / 台東区谷中
Tokyo noble / AKI-OKA
Hacoa / AKI-OKA
HOWLING UNITY / 台東区蔵前
sette / 文京区根津
ツバメハウス / 台東区谷中


《Caféで癒される》
b0218915_1633518.jpg我輩にとっての癒しの場であります。昔の「サテン」は仲間とくっちゃべる場でありましたが、この頃の Café は寡黙がいいみたい。
ito no wa/ 台東区松が谷
iriya plus / 台東区下谷
Café et Galerie Moineau / 台東区池之端
カヤバ珈琲 / 台東区谷中
galleryCafe ef / 台東区雷門
de bon coeur / 品川区小山
千駄木喫茶ギャリコ / 文京区千駄木
檸檬の実 / 文京区千駄木
CORB / 文京区小石川
爬虫類両生類研究所8 喫茶分室 / 文京区千駄木
yorimiti cafe / 文京区千駄木
cafe 紅 / 日本橋小伝馬町
hive cafe / 千代田区飯田橋
haritts / 渋谷区上原
鳩の街の CAFE / 墨田区東向島
北斎茶房 / 墨田区亀沢
Sacra Cafe / 江東区清澄
Alaska / 目黒区東山
キイトス茶房 / 新宿区箪笥町
green ginger / 世田谷区祖師谷
RASHIKU / 世田谷区南烏山
TSUKISHIMA Cafe / 中央区月島
ART+EAT / 千代田区東神田
coco wa cafe / 江東区扇橋(残念ながら閉店)
千駄木文庫Ume1913 / 文京区千駄木(残念ながら閉店)


《Galleryに入ろう》
b0218915_16332752.jpgギャラリーの空間が好きですね。
作家さん自身が在廊してたりすると(緊張はするものの)色々な話が聞けて、芸術に疎い我輩も何か分かったような気になってくるのであります。


アトリエまめわぞ / 文京区千石
フラスコ / 新宿区神楽坂
SCAI THE BATHHOUSE
深川番所 / 江東区常盤
lucite gallery / 台東区柳橋
Gallery OKARINA B / 文京区根津
アルマスgallery / 江東区深川
赤々舎 / 江東区白河
TEN / 台東区谷中
KINGYO / 文京区千駄木
Makii Masaru Fine Arts / 台東区浅草橋
SAKuRA GALLERY / 江東区常盤
フリュウ・ギャラリー / 文京区千駄木
無人島 / 江東区三好
千駄木空間 / 文京区千駄木
TAP Gallery / 江東区三好


《芸工展とかart-Link2010とか》
b0218915_16334342.jpg上野や谷根千エリアの恒例イベントです。昨年は頑張りましたが、今年はちょっと時間をとるのが厳しいかも。秋に行われるイベントはこのエリアを理解する機会になりますよ。

芸工展2010ガイドブック
一と全
おはなしのつづき
旧平櫛田中邸
天遊組~第二章~
時代空間ねこじゃらし
ドロップと無骨丸
アーサ・バザール / 信天翁
千駄木空間
旧安田楠雄邸
えいえもん
谷中看板プロジェクト
スタンプラリー制覇
芸工展2009ガイドブック
いろはに木工所
谷中ホテル
鋸屋根写真展
根岸 そら塾
闘展 旧坂本小学校(UTM)
CHACHACAH (UTM)
上野大仏の服作り(UTM)
「続・続・続・続」展


《銭湯》
b0218915_1634557.jpg
相も変わらず銭湯好きであります。
しかしながらこの楽しみも時間がとれずに今や稀なものになりつつあります。辛いことですな。

トップページのメニューに「銭湯民族」というリンク集を前ブログから移転させました。新しい銭湯に浸かったらそこにリンクさせますので、たまにチェックしてみて下さい。





# by anton_anton | 2011-04-20 17:11 | 前ブログのダイジェスト | Comments(0)